講演会をつくろう!「総合デザイン演習7」【授業レポート】

11月に入り、秋まっさかり。朝夕もひときわ冷えるようになりました。
9月の終わりから始まった後期の授業も中盤に入り、段々と忙しくなってきています。

さて、今回レポートする総合領域3年生の後期の必修科目「総合デザイン演習7」では、
今年2022年12月開催予定の講演会の企画をしています。

この「総合デザイン演習7」では、
学生自ら
「自分たちが何を学びたいか?」
「そのためにはどんな講師を依頼すべきか?」
「そしてどんな内容の講演会にするのか?」
などなど、まさに授業そのものを学生たちで企画していく内容です…!

今までは授業内で設定されたテーマやコンセプトに沿って内容を考えていくものが中心でしたが、
今回はそのテーマやコンセプトも、自分たちで考えなければなりません😲

講師が決定し1週間後(今日)のミーティングの様子です。
メンバー全員で、どんな方向性で企画を考えるべきか、アイデアや考えを出していきますが…
う〜〜〜ん、、なかなか軌道に乗りません。
ここが正念場ですね!

ミーティングの内容は後から見返せるよう整理し「miro」を活用し、共有します。

広報班 最初の話し合いのボードです。
やるべきことは何だ?
どれくらいの頻度で話し合いをすべきか?
を最初にしっかり決めたようです。

企画班 最初の話し合いのボードです。
どんな企画にするか?だけでなく
全体のスケジュール管理や進捗報告の方法はどうする?
という段階から考え、共有します。

ミーティングのあとは、話した!決まった!では終わりません。

各班で話し合ったことを全員が、全体を把握できるようにこのように共有されます。
「miro」という一人ひとりが共同で作業ができるオンラインのホワイトボードツールアプリなど、
ツールの選択も工夫して決められています。

まだまだ始まったばかりの講演会企画!
タイトルも決まっていませんが、来たる本番は2ヶ月も待ちません!

果たしてどんな講演会になるのか…!

今後も注目していきます👀🌟

総合領域のまったりタイムでした🌱

助手「今日は休憩時間を使ってクッキーを作ります😊」

総合領域の助手を務める山崎さんは、時折、さくっとおしゃれなお菓子を作ってしまう才能の持ち主です。

(かくいう筆者は、恥ずかしながらお菓子作りはてんで苦手で
ホットケーキミックスでホットケーキを作ることが最大限のお菓子スキルです。)

それはともかく、食べるのは大好きなので興味は深々!
目の前では手際よく材料が用意され、さくさく材料が混ざり・・・


あっという間にクッキー生地ができあがりました!

さっそく生地を取り出し、慣れた手つきで一口サイズに切っていきます。

助手さん「自分の好きな服のブランドが出してるレシピを参考に…😊」

す、すごい…!

そして気になるのは横のフライパンの…怪しげなスープ…!?

助手さん「そっちはチャイです😊」

アシスタント「わぁ〜、チャイ〜!こうやって作るんですね〜(チャイが何かをよくわかっていない)」

クッキーをオーブンに入れている間に
チャイができあがりました!

チャイとは
インドで生まれたブラックティーとミルクがベースの飲み物で
カルダモン・シナモン・クローブなどのスパイスを煮出し

紅茶と牛乳を足すとできるらしい。

ほんのりジンジャーのような香りが立っているけれど、
なるほど、牛乳のおかげか、異国風な香りと、とてもまろやかな味わい…!
もっと刺激的なお味かな?と思っていましたが、とても美味しくいただけました。

そして、お待ちかねのクッキーが焼きあがです!

ほくほく!

焼きたてほやほやのクッキー、なんと素晴らしい眺めでしょう。

いやしく手が伸びるのを必死に堪え、写真におさめます。

粗熱が冷め切らないうちに早速食べてみると、飛び上がるうまさ…!!
ほろほろとした食感で優しく素朴な味わいの中に塩気が効いていてとにかく美味いです。
焼きたてなのでほんのり温かいのも最高ですね。

そしてまろやかなチャイティーともよく合います。

そんな総合領域の助手さんは、先日
成安造形大学の学生が運営するラジオ番組「セイアンデンパBB」に出演されました!

「ラジオ-セイアンデンパBB vol.006」
https://youtu.be/DVVA8yTTiAI
お菓子作りを始めたヒストリーも聞けちゃうかもです👀

ぜいたくなおやつタイム…ありがとうございました😊

学生のみなさんも、運良くお菓子作り中に研究室を覗けば、
課題のご褒美におすそわけがもらえるかも…?

総合生も参加する!作品展示販売会ムダモルフォーゼが本日より開催!!

本日2022/10/19(水)〜2022/10/25(火)の期間
学生主体の作品展示販売会「ムダモルフォーゼ」が開催されます!


廃棄予定だった素材のシルエットをもとに
制作されています。
数種類のデザインがあり、穴の模様や裏面のデザインも
デザインごとに変わっていて
こだわりが見えますね!

成安造形大学とエイチ・ツー・オーリテイリング株式会社による共創プロジェクト
『ムダモルフォーゼ』では、
大量生産と大量消費のアパレル業界における売れ残り商品の産業問題に着目して
今回の作品展示販売会では、成安造形大学の在学生、卒業生が廃棄物から制作した
「無駄(廃棄物)を変身(メタモルフォーゼ)させ、新たな価値をもたせた作品」が並びます。

なんと!総合領域生も
クリエイターとして、また運営としてプロジェクトに参加しています。
3年生の大倉未来さんと池原花奏さん、2年の田中風花さん、LU FEIYUEさんがクリエイターとして、
また、3年生の佐藤裕紀乃さん、中西若菜さん、2年の髙澤茉央さん、が運営として参加しています。

総合領域の教室にも・・・

総合生がクリエイターとして出展した作品もポスターデザインになっています!

学生の力がこもった「ムダモルフォーゼプロジェクト」、ぜひ足をお運びください!
場所:阪急うめだ本店10階『うめだスーク』中央街 区にて開催中!
期間:2022/10/19(水)〜2022/10/25(火)

SNS(アカウント名 ムダモルフォーゼプロジェクト)

【Twitter】  https://twitter.com/mudamorphose

【Instagram】 https://www.instagram.com/mudamorphose/

総合デザイン実習2成果展

総合領域の専門科目である総合デザイン実習2の成果展を学内のスパイラルギャラリーにて開催しております!
この実習では「これからの社会のあり方を意識したうえで、地域文化や地域が有する特長的な技術を活かした新商品の提案」をテーマとしています。グループワークで、商品企画からデザイン、販売促進までの一連の商品計画の課題に取り組みます。

市民との距離が近い大阪府茨木市の文化財に着目したチーム。「曖昧さ」をキーワードに 噛んだ分だけ味が出る都市であることから「味わいが息づくスルメ町」というブランディングへ。
滋賀県大津市の放置竹林問題や海岸ゴミ問題による生物の誤食に着目したチーム。漁業で用いる竹製品「タツべ」の形をパッケージに落とし込み、エビの形をしたフォーチュンクッキーの提案。
世界各国から物流貿易の場として盛んだった大阪府堺市に着目したチーム。堺市の産業が全国で広がり、各地で発展していく様子をホウセンカと重ね、伝統工芸である「注染」を用いた布を封筒としたレターセットの提案。
大阪府柏原市の伝統工芸品である浪華本染と、特産であるぶどう農園を掛け合わせたプロジェクトを提案したチーム。ぶどうを狩るように、浪華本染でできた布を好きな大きさに狩る体験型プロジェクト。

総合領域とはどんなことをしている領域なのかがよくわかる展示になっています。

ぜひこの機会にご高覧いただけますと幸いです!

【開催期間】2022年9月6日(火)-19日(月) 11:00—17:00 / 日曜休館
【会場】成安造形大学 本館棟 スパイラルギャラリー

大盛況のワークショップ!

過去記事で何度かお知らせしていた総合領域生によるオリジナルワークショップが

7月24日(日)無事開催されました!

ワークショップタイトル「セイジカードゲーム」

前でお手本をみせます。画面にはマイナスのカード。何やら落ち込んでるよう・・・😊

カードゲーム形式で”政治”について学ぶことができるワークショップになっています。

大学生、高校生を混じえた4人1グループでわいわい!



カードゲーム内では架空の
「候補者」と「国民」に
分かれ、それぞれ役になりきってゲームが進行します。

当日はたくさんの高校生たちに楽しんでもらうことができました!

高校生、大学生にとっての”セイジ”
なかなか自分事のように考えられなかったり、馴染みの少ない分野かもしれませんが、

ワークショップを通して、おもしろ楽しくカードゲーム形式で触れたことで
近寄りがたかった”セイジ”を違った視点でみられたのではないでしょうか!

また、当日に向け準備を重ねた4年生のみなさんおつかれさまでした

ご来場のみなさま、ありがとうございました!

7/24(日)オープンキャンパス

7/24(日)はいよいよ、成安造形大学のオープンキャンパスです!

当日は総合領域の学生ワークショップを行います!

いったいどんなワークショップなのでしょうか?
当日までのお楽しみです!

授業内で、実際にワークショップを楽しむ3年生

当日はなにやらお土産があるみたい…!?たのしみですね!

—————————————————————————————
日時:2022年7月24日(日)
①11:00〜11:50
②12:45〜13:35
③13:55〜14:45
場所:A棟105
募集人数:各回16名
(A棟105にて事前予約可能)

—————————————————————————————
オープンキャンパスの詳細は公式HPの体験ページからご確認ください。

【オープンキャンパスに関するお問合せ先】
成安造形大学 入学広報センター
Tel:077-574-2119(直)平日9:00〜17:00

総合デザイン演習6 相互ワークショップの様子

総合領域3年生の授業「総合デザイン演習6」が7月13日(水)に行われました。

この授業では、グループに分かれワークショップをつくる授業を行っています。
テーマの設定から、実際のワークの内容、さらに必要なキットまで
全て自分たちで決め、制作しています!

お題にクリアすると点数GET!
難易度を選べたり、ヒントの有無で点数が変わるのがミソ
ペルソナを設定し、なり切ります。
「相槌カード」おもしろい!

4月からの授業で、時には授業外も
たくさん話し合いを重ね少しずつ形になり、そして、本番を想定した相互ワークショップ行いました!
つくったワークショップをほかの班に試してもらいブラッシュアップに繋げます。

実際にワークショップをするとよかった点や足りない点が見えてきますね。

このワークショップの授業は、毎年テーマを変えながら総合領域の授業のカリキュラムに組まれており
昨年(2021年度)の授業内でつくられたワークショップの一部が


7月24日(日)に開催されるオープンキャンパスで体験できちゃいます!
(そちらについては6月15日の記事で書かれています)

ぜひご参加ください♪

「2022 特別講義1」ロフトワーク Spot the difference

毎年恒例となりました、総合領域主催、株式会社ロフトワークを特別講師として招いた「特別講義1」は4年目を迎えました。

今年は「spot the difference わかりなあさをデザインする」をテーマに、自由なプロジェクトチームのつくり方についてロフトワークディレクターの岩倉慶先生より学びます。

開催4年目にして、ついに全6領域から学生が集まりました!

また学生も講師陣もバックグラウンドや国籍が様々で、今回のテーマにぴったりのメンバー構成です。

毎回、アイスブレイクやワークを通して、メンバーとコミュニケーションしながら進んでいきます。

写真は「3分で誕生日順に並ぶ」のアイスブレイク。


ゲームのような楽しい雰囲気で、小さな意識の違いを実感していく学生たち。

最終アウトプットが楽しみです!

オープンキャンパスで総合領域のワークショップを体験しよう!

2022年7月24日(日)に開催される成安造形大学のオープンキャンパス。

当日は、総合領域が主催する
「総合領域ワークショップ」が行われます!

毎年、さまざまな方からいただく「総合領域ってなに?」という質問。
そのような疑問を抱かせてしまうのも総合領域の永遠の課題ですが、
一言ではなかなか言い表せないのも総合領域の魅力のひとつです。


百聞は一見にしかず!
話を聞くだけでなく、実際に学びを体験することで
ダイレクトに領域の学びを体感できるのではないでしょうか。

総合領域の学生が考えたワークショップを実際に体験してみよう!


———————————————————-
日時:2022年7月24日(日)
①11:00〜11:50
②12:45〜13:35
③13:55〜14:45
場所:A棟105
定員:各回16名

※基本予約は必要ありませんが、当日の時間予約はA棟105の前にて受付しております。
(オープンキャンパスへの参加は要予約です)

オープンキャンパスについては公式HPの体験ページからご確認ください。

【オープンキャンパスに関するお問合せ先】
成安造形大学 入学広報センター
Tel:077-574-2119(直)平日9:00〜17:00

新入生歓迎会「タテコン」開催!(総合の日常)

5月20日(金)に開催された新入生歓迎会こと「タテコン」!
舞台はカフェテリア「結」


閉店してしまった今でも、こうしてイベント会場として活用されているのは、いいですね😊

今年の歓迎会のメインは
この日のために制作されたオリジナルの「すごろく」!

メルヘンなコマで
すごろくを進んでいきます
総合生としての4年間を辿ることができます

学年を超えゲームを通じて親睦が深まったようです!

学年関係なくわいわいガヤガヤ、連絡先を交換した人もいるようで
大盛況なうちに歓迎会の幕を終えました。

素敵な動画での記録もあります⏯

総合領域の強みである企画力が全面に推し出されたイベントでしたね!
こうして得られる経験や築かれる関係を糧に、より良い大学生活になりますよう!